京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻 リハビリテーション科学コース
臨床バイオメカニクス研究室

大学院生募集

新着情報

Accept News ~太田特定助教の論文がGait Postureに採択されました~

2020年05月19日

Accept News!!

 

太田特定助教の論文がGait & Posture (IF 2.414)​に採択されました。

 

Verification of reliability and validity of motion analysis systems during bilateral squat using human pose tracking algorithm
Megumi Ota, Hiroshige Tateuchi, Takaya Hashiguchi, Takehiro Kato, Yasuhiro Ogino, Momoko Yamagata, Noriaki Ichihashi

 

研究の概要​:

従来から動作分析には三次元動作解析装置が多用されていますが、それらは高価で、さらに測定や解析に専門的な知識と技術を必要とします。一方、スケルトンアルゴリズムのひとつであるOpenPoseは、市販のデジタルカメラの動画から深層学習を用いて人物の関節点を検出できるマーカレスシステムです。しかし、OpenPoseによる動作分析に関して、信頼性と妥当性の検証した実験はありません。そこで本研究では、スクワット動作中の体幹・股関節・膝関節・足関節の角度をVICONとOpenPoseで測定し、OpenPoseの信頼性と妥当性を検証しました。その結果、OpenPoseの信頼性については、全ての関節で高い値を示しました。妥当性については、体幹と股関節で比例誤差を認めたものの、全ての関節でOpenPoseとVICONの測定値に関連がありました。本研究の結果から、誤差を補正することでOpenPoseを動作解析に応用できる可能性が示唆されました。OpenPoseは安価で操作や解析が簡便であるため、臨床での実用性が高いと考えます。

TOPへ