京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻 リハビリテーション科学コース
臨床バイオメカニクス研究室

大学院生募集

新着情報

Accept News ~太田特定助教の論文がJournal of Biomechanics に採択されました~

2020年07月16日

Accept News!!

 

太田特定助教の論文がJournal of Biomechanics (IF: 2.320) に採択されました。

 

Verification of criterion-related validity of the evaluation method of postural stability using the frame subtraction method 

Megumi Ota; Hiroshige Tateuchi; Takaya Hashiguchi; Yasuhiro Ogino; Noriaki Ichihashi

 

研究の概要​:

フレーム差分法は、背景が動かなければ対象物の動きを検出できる画像解析手法であり、従来から監視カメラなどに利用されています。特殊な機器を必要とせず、市販のデジタルカメラの画像を使用して解析できます。我々はこの手法を利用して、片脚立位中の身体の動揺を定量化したいと着想しました。そこで本研究では、片脚立位中の重心(COP)の軌跡を床反力計で測定し、それと同時にフレーム差分法スコアを算出して、その基準関連妥当性を検証しました。その結果、開眼・閉眼いずれの条件においても、前額面画像から算出したフレーム差分法スコアはCOPパラメータと有意な相関を認めました。今回の研究では、正面から撮影したデジタルカメラの画像だけで、片脚立位中の身体の動揺を測定できることが明確になりました。従来のバランス評価には床反力計などが多用されていますが、フレーム差分法を利用したバランス評価は従来の方法に比べ、コストと時間を削減でき、臨床での実用性が高いと考えます。

TOPへ