京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻 リハビリテーション科学コース
臨床バイオメカニクス研究室

大学院生募集

新着情報

Accept News ~Pataky准教授の共著論文がJournal of Biomechanicsに採択されました~

2020年06月29日

Accept News!!

 

Pataky准教授の共著論文がJournal of Biomechanics (IF: 2.576) に採択されました。

 

Bayesian vs. least-squares inverse kinematics: simulation experiments with models of 3D rigid body motion and 2D models including soft-tissue artefacts
Serrien B, Pataky TC, Baeyens J-P, Cattrysse E

 

研究の概要​:

ヒト運動の研究は三次元関節角度の計測と正確的定量化が重要である。三次元関節運動の計測は測定エラーの原因が多く、現代の研究でも18世紀に発明された最小二乗法という工学手法を用いてエラーの最小化を行われている。最小二乗法は計算的に早く、数ミリ秒のみで終了するためにロボット等のリアルタイム応用でよく使用する手法である。しかし、最小二乗法の結果が概算のみである。本研究では、ベイズ法という現代の計算手法を用いて三次元関節角度計測エラーを減らすことが可能かを検討した。角度変位が大きい場合と測定装置の計測エラーが大きい場合は提案のベイズ法のほうが精度が高いことを明らかにしました。残りのケースでも従来手法よりも提案手法がエラーを減らしたことも明らかにした。デメリットとして、提案手法の計算量が多くて10秒程度かかり、エラーが非常に少ない場合は従来手法と同様な精度が出ることも明確にした。この精度改善では運動障害等の臨床解釈へ影響を及ぼすかを今後の研究の目的とする予定がある。

TOPへ