京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻 リハビリテーション科学コース
臨床バイオメカニクス研究室

大学院生募集

予防理学療法学講座

予防理学療法学講座(産学共同講座)

 従来、運動機能を客観的に詳細に評価するためには、高価で特殊な機器が使用されています。しかし、それらを使用した測定や解析には高度な技術・知識と時間が必要であり、使用できるのは限定的で大学の研究室や一部の病院などです。そのため、多くの臨床現場では、理学療法士の観察によって運動機能を評価し、問題点を抽出していますが、観察による評価は評価者の能力に依存するため、客観的とは言えません。
そこで予防理学療法学講座では、ミクシィグループの株式会社スマートヘルスとの共同研究により、デジタルデバイスを利用して安価で簡便に客観的に運動機能を評価することを可能にしたいと考えています。現在は、市販のデジタルカメラで撮影した画像を処理し、動いているときの関節の角度や身体の動揺を数値化して、その精度を検証している段階です。今後は精度の向上や臨床現場での活用を目指しています。
スタッフ
特定准教授:建内宏重
特定助教:太田 恵
共同研究企業
株式会社スマートヘルス

 

肩関節班

 
スクワット中の関節角度を従来の三次元動作解析装置(VICON)とスケルトンアルゴニズム(OpenPose)で測定して精度検証

 

デジタルカメラで撮影した画像をスケルトンアルゴニズム(OpenPose)で処理すると、関節の位置を自動的に推定でき、そこから各関節の角度を算出できます。スケルトンアルゴニズム(OpenPose)で測定した値は再現性が高く、さらに従来の三次元動作解析装置(VICON)で測定した値との相関も高い結果となりました。

TOPへ