京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻 リハビリテーション科学コース
臨床バイオメカニクス研究室

大学院生募集

予防理学療法学講座

予防理学療法学講座(産学共同講座)

理学療法に基づく運動介入は、種々の障害の改善に対して効果的であることが実証されています。しかし、超高齢社会において健康寿命を延伸するためには、運動・認知機能に低下や障害を生じてから介入するだけでなく、それらを予防するための関わりが極めて重要です。

予防理学療法学講座では、ミクシィグループの株式会社スマートヘルスとの共同研究により、理学療法に基づく運動プログラムが障害予防に与える効果を検証します。本講座においては、スマートヘルス社が、運動プログラム実施のための施設(フィットネスジム)開発、ヘルスケアアプリの開発、サービス利用者のPHR(Personal Health Record)データベースの構築などを行い、京都大学が、理学療法に基づく運動プログラム(マルチコンポーネントエクササイズ)の開発や運動・認知機能の新たな評価方法の開発、フィットネスジムでのプログラムおよびアプリにより配信するホームプログラムの効果検証に関するデータ解析などを行います。アカデミアと企業との効果的な共同により、多角的なアプローチで日本の健康寿命延伸に取り組む方針です。

スタッフ
特定准教授:建内宏重
 特定助教:太田 恵

京都大学臨床バイオメカニクス研究室×ミクシィグループ 株式会社スマートヘルス
京都大学臨床バイオメカニクス研究室×ミクシィグループ 株式会社スマートヘルス

TOPへ